アミティ号でどこまでも~

キャブコンキャンピングカー、アミティ乗りのメタボリアンおのやんの日記です。   ※快適化(怪適化)は安全性を確認しておりません。同じ事をなさって発生した事故等の責任は負えませんのでご了解願います。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんか届いたぞ!

仕事から帰ると、ヤ○ト運輸からの不在通知が。

差出人は「AtoZ」。
心当たりはありました。あれしかない!

早速電話して、持ってきてもらいました。

中身は・・

1_20090414214500.jpg (写真:こんな箱に収められていたのは・・・)

2_20090414214510.jpg (写真:これでした!!)

おぉ!懐かしい! 納車当日のアミティと我が家ではないですか!
忘れた頃(いや、実はまだかなぁ~と思っていたりしました)に届きました!

ド逆光だったので、写真として×だったのかなぁと思っていましたが、補正で何とか表情が見られます。

嫁さんは、表情がはっきりしていなくて、かえって喜んでいました(意味不明(^^;))

AtoZさん、ありがとう!!

スポンサーサイト

| 納車まで | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

納車日当日

平成20年12月××日。

おのやん家一同は、愛知県小牧陸運事務所に向かっていた。

待ちに待っていたキャブコンバージョンのキャンピングカー、アミティが納車されるのだ。

お世話になっていた代車のラルゴとも今日でオサラバだ。このラルゴは、借りてから程なくしてバッテリーが上がってしまい、不動期間が長かった。

納車が近づいたので、バッテリーを購入し自分で取り付けたのだが、ネジを落とし取り出すのに手が真っ黒になったりボンネットに頭をぶつけたりと、お世話になっていたというより、むしろお世話をしていた事が多かったように感じる。

こいつの最長ドライブは徳山ダムだ(バッテリーが上がる前に)。山道でもパワーがあり、燃費は最悪だったが走りは最高だった。でもサスがフワフワで弱っていたけど・・

話はそれたが、陸運事務所に近づくにつれ、おのやんの緊張度は高まっていた。嫁さんも同じ様子だ。

「アミティを探せ!」おのやんは指令を出した。どこかに停まっている筈だ。

すぐに嫁さんが

「いた!いた~っ! 2台いる!!。あっ、○○○(希望ナンバー)だ!!」と叫んだ。

2台

ほんとだ、アミティが2台停まっている! おっ、担当の宮○さんを発見!!

2台いる訳を聞くと、おのやん家と他の方の納車が偶然に一緒になったとのこと。おのやん家は大阪店での購入だが、もう一方の方は本社での購入のようだ。

ナンバーの地名を見ると、おのやん家と同一市内である。と、言う事は、この日に2台のアミティが少なくとも我が家が住む地域に納車されたことになる。

さりげなく、2台のツーショットで写真を撮る。

201201

カギの説明を受ける。コンパクトキャブコンなのに、結構なカギの数だ。そして室内装備の説明を受ける。操作方法は聞く前から大体知っていたが、MAXファンだけは初めてなので、ファンが回った時は「おぉ~っ!!」と感動してしまった。

その後、アミティの室内で残金の支払い、保険の手続き、書類の授受を行う。

そして、室外に出て陸運事務所の建物内で、こっそりオプションの支払いを行う。

この「こっそりオプション」、それはランチョだ。どうしても付けたかった装備の一つであった。

そして、なんと納車直後の車の前で記念撮影だ!パネルにして送ってくれるという。逆光だったけど大丈夫かな? 

この撮影を行う事は、ある方から情報をいただいていて、それなりの服装で臨んだつもりだ。イイ服なんて持っていないから、結局普段着だったけど。

ラルゴは車載車に乗せられて帰っていった・・ラルゴよ、ありがとう! イイ経験をさせてもらったよ。

201202

 
そしておのやん家一同はアミティに乗って我が家に向かう。

走り出した瞬間、オートマにすればよかったかな?と少し後悔を感じる。

その後悔を振り払いながら車を進める。

前を見て運転しているだけでは、ロングハイルーフのハイエースと雰囲気は変わらない。キャブコンを運転している感じはあまり無い。

しかし、サイドミラーで後ろを見ると、車体のはみ出し幅が大きく、嫌でも幅広の車を運転していることを認識させられる。

併せて、道路外から伸びている木の枝に非常に神経を使う。ハイエースでも気を付けていたが、アミティでは今まで以上に気を付けねばならない。

それ以外は、平地と言うこともあって、意外にも快適な走りを見せた。

家に近づくにつれて、別の不安感が高まってきた。

駐車スペースに入るんだろうか?

我が家は、住宅街のなかの一本道を奥に進んで、その道の右側に敷地がある。

道路に面してかろうじて車2台分のスペースがあり、そのうち1台分にカーポートが設置されている。

ハイエース(ロングハイエース)時代は、一本道をバックで進入し、カーポートの無い側にバック進入で駐車できたが、アミティは幅がある。

敷地内に収まるだろうか。一番気がかりだったのが、カーポートとアミティ左側上部の接触である。

自力で敷地に納める事は、もはや不可能だ。と、言うわけで嫁さんの登場となる。

嫁さんにトランシーバーを持たせ、逐一状況を伝えてもらう事にした。

バックカメラ、ミラーを駆使しても、カーポートとアミティのボディがどれだけ接近しているのか把握出来ない。

そこで嫁さんにトランシーバーを持ってもらい、左右に走り回って確認してもらう事にしたのだ。

「まだいいよ~、ま・・・だいいよ~」
「いいよ~・・・・・・・・・・・いいよ~」

と、抽象すぎて、なかなかイライラする誘導だったが、なんとか敷地内に入った。

201203


今日の1番目の喜びである。(2番目の喜びが納車と言っても過言ではない!)

入ったからには出られるだろう、これで一安心(だが、出るほうが大変であることが、この後気付く事になる)

しばらく近所の目が気になるが、通りから奥に入ったところの敷地が幸いして、普通に近所を通り抜けるだけではキャブコンの存在に気づかないと思うので、あんまり目立たなくていいかな?

と、色々あって(車庫入れに)非常に疲れた納車の一日でした。

| 納車まで | 20:35 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ納車です!!!

購入記がまだ途中(まだ下取り車を手放していない状況)の我がアミティ専用ブログですが、

いよいよ納車を迎えることとなりました。

私としては、陸運局で待ち合わせなので、早朝から待機し、我がアミティ号がやってくるところから写真を撮りたかったのですが、家庭の都合でそれが出来るかどうか分からない~(涙)

しかも、納車日翌日に、イキナリ竜洋オートキャンプ場へ出発です!

下準備無し。

多分、サイトにアミティ号を駐車させ、最低限のテーブルだけ出して、電気釜でご飯を炊き、恐らく買っていくであろう刺身を使った手巻き寿司が我が家のメニューでしょう。

その後は、家族全員でニンテンドーDSでどうぶつの森かマリオパーティで盛り上がって就寝です。

なんてインドアな家族だ!

詳しい納車日の様子は、また書きます~。


| 納車まで | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お別れ前日

平成20年8月23日(土)

朝9時頃に電話連絡をし、明日の日曜日にランドティピーを持っていく事になった。

若干、車内に残っている小物類、ごみなどを綺麗にし、買ったままのランドティピーになった。

違うところと言えば、オーディオ周りのネジが若干無いことと、車速センサー、ホーンの配線にカニ分岐があることぐらいだ。

天気は。強く降ったり、小雨になったりの、はっきりしない天気だ。

小雨になった時を狙って、声を掛けた。

「ティピーの前で写真を撮るから集まれ~!」


皆が外に出たときは、結構な降りになっていたが、家族全員が、ランドティピーの前で写真を撮ることが最後だと感じているので、誰も文句を言わずに外へ出た。

三脚をランドティピーの前に立てて、セルフタイマーをセットする。

「みんな~、あのカメラの真ん中を見てね~」と言いながら自分も車に駆け寄る。

程なくして、フラッシュが光り、写真が撮れた。

プレビューで見てみると、みんな思い思いの表情で映っている。しかも珍しいことに、一発で全員カメラ目線だ!

雨の降る中、撮り直しする必要はなかった。

| 納車まで | 21:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あいちキャンピングカートレンド2008秋

あいちキャンピングカートレンド2008秋

行って来ました。天気のはっきりしない日でした。
逆にそんな中で訪れる方たちの目つきは、購入本気度が高いそれでしたね。

おのやん家は嫁さんと二人で訪れました。


1116-1会場の入り口
1116-2俯瞰図

嫁さんは、アミティが納車された際のイメージトレーニングをしとりました。
1116-3


おのやんは、気になっていたアノ車をチェック!
1116-4

他にも、おのやんが会場にいた時には、アミティユーザーさんが少なくとも3御家族いらっしゃっていたようでしたが、ちょっと恥ずかしくて声を掛けられませんでした。

嫁はんは、窓作り過ぎたかな~!?と、他のアミティをチェックするたびに後悔(?)していたようです。

我が家のアミティは、右後部にベッド用小窓2つ(上下)、左後部に1つ(上段)を設置する事を依頼しているのです。

天気が雨だったので、アミティの雨漏れ事例を教えすぎたのがバツだったようです~

| 納車まで | 18:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。